バナー:薬剤師求人情報
バナー:国立病院薬剤師からのメッセージ
バナー:研修会参加報告
バナー:関連学会開催のお知らせ

認定・専門を取得してチーム医療で活躍する薬剤師

 関信地区国立病院薬剤師会 各施設の詳細は、こちらのページからご覧下さい。

感染制御専門薬剤師
昭和大学 平成24年卒業
昭和大学大学院 博士課程 平成30年修了
千葉医療センター
渡部 智貴
千葉医療センター
感染症治療薬(抗菌薬など)は唯一“環境に影響を与える薬剤”と言われています。不適切な抗菌薬の使用により生じた耐性菌が他の患者さんに伝播・アウトブレイクすることは、避けていかなければなりません。耐性菌の蔓延を防ぎ、より多くの患者さんを救っていくために、感染制御専門薬剤師は感染症に関わる正しい知識を浸透していけるよう支援を行っています。
感染制御専門薬剤師としての主な仕事内容は、感染制御チーム(ICT: Infection Control Team)や抗菌薬適正使用支援チーム(AST: Antimicrobial Stewardship Team)に所属して、病院全体(+地域)の感染管理を担い、実践的に遂行していくこと(感染症診療への介入、コンサルテーション、サーベイランス、感染対策の整備、医療従事者への教育など)です。
感染症治療に携わっていく中で、患者さんが元気になっていく姿や元気になった患者さんの笑顔を見ることができることが、最大の喜びであり、とてもやりがいを感じることのできる瞬間であると思います。
また、感染症は子どもから高齢者まで幅広い人たち、がんや心疾患などの様々な基礎疾患を有する患者さんに発症しうる疾患であり、多くの診療科の医師や病棟薬剤師、臨床検査技師等とも積極的に連携をとっていかなければいけないことも、感染症治療に携わっていく中で楽しさを感じる場面です。
抗菌薬の使い方は非常に複雑で難しい面がたくさんあります。だからこそ必要とされる分野であり、少しでも多くの興味を持ってくれる学生が増え、感染症治療の重要性を知ってもらえたら嬉しく思います。

ページトップへ戻る

精神科薬物療法認定薬剤師
城西大学 平成17年卒業
北里大学大学院 修士課程 平成19年修了
小諸高原病院
市川 暁
小諸高原病院
私が勤務する小諸高原病院は、長野県東部にある340床の精神科と重症心身障害者の患者さんへ医療を提供している病院です。当院の薬剤科は薬剤師3名と助手1名の小規模施設です。主な業務は調剤業務と薬剤管理指導になりますが、採用薬品の選定から医薬品の適正使用の促進など、業務内容は多岐にわたります。
精神科における薬剤管理指導では、治療の効果や副作用の判定をする客観的な数値がないものが多いことが特徴です。例えば、患者さんが日中の眠気を訴えたとしても「夜に眠れているのか」「日中にやることがなく、昼夜逆転した生活になっていないか」「夜間の頻尿はないか」など薬以外の原因や、薬が原因であったとしても、「眠気の出現時期と薬歴から考えて原因薬剤はあるか」「不眠時頓服薬を使用する時間が遅すぎないか」「薬物相互作用で眠気が強い薬が増強していないか」など仮説を立てて、患者さんや患者さんを観察する看護師やリハビリスタッフから聞き取った情報と薬歴を組み合わせての推測が必要になります。時には他職種に観察項目の追加をお願いする場合もあります。原因が異なれば対処方法も異なり、処方変更を伴わない解決策を提案することがあるのが、精神科の薬剤管理指導における醍醐味だと思います。
当院は医師も20名以下と全員顔見知りの職場で、コメディカルも同様です。そのため、医局や他部署にもいつでも気軽に相談に行くことが出来る風通しの良い職場です。炭酸リチウムを適正使用するために定期採血を強化したいと思えば、検査科に外来からの血中濃度測定依頼が月50件増えても対応可能かとすぐに相談に行き、医局会で医師全体に検査オーダー依頼をすることも出来ます。
私は精神科薬物療法認定を取得しましたが、これをベースに緩和医療に携わることを次の目標にしています。国立病院機構は転勤がありますが、広い領域を学びたい場合には就職先の候補にして頂ければと思います。

ページトップへ戻る

妊婦・授乳婦専門薬剤師
北里大学 平成12年卒業 国立成育医療研究センター
石井 真理子
国立成育医療研究センター
当院は「成育医療」つまり妊娠へ至る生殖医療、胎児医療、産科、新生児、小児、思春期を経て、成人期に至るリプロダクションによってつながれたライフサイクルに生じる疾患に対する医療を担っています。
私は「妊婦・授乳婦専門薬剤師」と「小児薬物療法認定薬剤師」の資格をいかしながら、日々薬剤業務にあたっています。また、妊婦・授乳婦専門薬剤師領域においては、認定元である日本病院薬剤師会でこの領域の普及や発展に務めています。
妊娠期や授乳期、小児期の薬物療法に関する情報は、添付文書等から容易に入手できず、かつ情報量が少ない中で、EBMに基づく医療の提供のために薬学的知識を生かし、チーム医療の一員として薬剤師が薬物療法に積極的に関わっています。このような目の前の患者のために最善をつくすことだけにとどまらず、成育医療の調査・研究に関わり、そして情報を集積し社会へ発信することも責務の1つです。このことは未来の医療につながっており、薬剤師が果たす役割とその期待が大きい分、やりがいも大きいです。
妊娠期や授乳期の薬物療法に関して、一般の方だけでなく医療従事者においても誤解が多い傾向にあります。母親の健康はお腹の中の赤ちゃん、そして生まれた子どもの健康に直結します。次世代への有害作用に考慮しながら必要な薬物療法を提案し、新しい命が誕生する喜ばしい妊娠や子育ての中で、間違った情報によって生じた過剰な不安を、正確な情報とこれまで培ったカウンセリング技術で、少しでも取り除けるよう日々努力していきたいです。
また妊婦・授乳婦薬物療法認定・専門薬剤師を全国的に増やし、子どもたちや家族の笑顔のために成育医療を担う仲間を増やしていきたいです。
薬剤師を目指す皆様、学生時代に薬剤師の基礎を十分に勉強し、晴れて薬剤師となって、現場で様々な専門領域で活躍する薬剤師を目指して一緒に頑張っていきましょう。

ページトップへ戻る

HIV感染症薬物療法認定薬剤師
東京薬科大学 平成19年卒業
東京薬科大学大学院 平成21年修了
国立国際医療研究センター病院
押賀 充則
国立国際医療研究センター病院
  1. 普段はどのような仕事をしていますか?
    当院には、薬害エイズ訴訟の和解をふまえ、被害救済の一環としてエイズ治療・研究開発センター(ACC)が設置されており、2017年度末までに累計患者数4,300名を超え、現在1日平均50名以上の方が受診されています。私は、HIV感染症患者さんが入院する病棟(ACC主科病棟)を担当し、薬剤管理指導や病棟薬剤業務をメインに日々業務を行っています。また、HIV感染症治療の大部分は外来通院治療のため、外来通院されている患者さんに対しても他のHIV担当薬剤師と共に担当日(月3~4日程度)を決め、外来薬剤服薬指導に携わっています。薬剤服薬指導によって、服薬の重要性や服薬アドヒアランス向上、薬剤耐性の危険性、薬物間相互作用の確認、抗HIV薬の情報提供、治療方針(薬剤選択)に加え、患者さんのライフスタイルなどから抗HIV療法(ART)の処方提案などへの参画などの薬学的介入を行っています。
    ACCは全国の医療従事者に対する研修会の実施やスタッフの育成、最先端の医療情報の提供を推進しています。また、薬剤部としてもブロック・中核拠点病院や近隣の保険薬局と連携し、協議会や臨床研究などを積極的に行っています。
  2. 職場の雰囲気は?
    当院は診療科43科、781床を有する病院であり、薬剤師も感染症、がんなどの各疾患に精通している専門・認定薬剤師がいるため、専門外の領域については意見を求めることが出来ます。普段からともに日々ディスカッションをを行い通じて、患者さんにとってより良い医療を常に目指して専門性を発揮し協力して業務を行っています。また、ACCにおいても、医師、看護師、臨床心理士、ソーシャルワーカーなど多職種と連携し、ともに診療やカンファレンスにおいて意見を交わしながら業務を行えています。チーム医療を行っています。
  3. 仕事のやりがいは?
    薬剤師からの情報提供や薬学的な問題の発見・解決によって、診療の一助に関われたときにやりがいを感じます。
  4. 今後の目標や夢は?
    HIV感染症患者さんのQOL向上や適正な治療実施に向けて、日々の業務や研究を通して研鑚していきたいと考えています。また、HIV感染専門薬剤師の取得も目指しています。
  5. 薬剤師を目指す学生へのメッセージ
    薬剤師の職能を活かす場は数多くあるため、「薬」の専門家としての知識・技術を発揮できるよう日々研鑚し、安心かつ安全な医療の提供に貢献できる薬剤師を目指して頑張っていきましょう。

ページトップへ戻る

外来がん治療認定薬剤師
高崎健康福祉大学 平成25年卒業 渋川医療センター
栗原 りか
渋川医療センター
  • 普段はどのような仕事をしていますか?
    外来化学療法室において、抗がん薬治療を受ける患者に対し、抗がん薬の説明、副作用と対処方法の確認・支援を行っています。医師に対しては、副作用に対する処方提案などを行っています。患者が安心・安全に治療が受けられるよう薬学的な立場から支援しています。
    がん薬物療法を安全に行うため、レジメンの登録、適切なレジメンおよび投与量が選択されているかの監査も行います。抗がん薬は安全域が狭く、がんの種類によって用いる抗がん薬の種類・組み合わせ・投与量・投与方法などが異なります。そのため、細心の注意を払う必要があります。
  • 職場の雰囲気は?
    より良い医療提供を目指した、意識の高い職場です。時には患者の訴えに対し最善の対応をすべく、他の薬剤師と相談しながらマネジメントを行っています。また、看護師とも密に情報共有を行い、協力しながら患者が抱える医療上の問題点に対して、互いの専門性を発揮し協力して仕事をしています。
  • 仕事のやりがいは?
    患者の薬学的な問題や訴えに対し、真剣に取り組み、解決したことで感謝の言葉をいただいた時に大いにやりがいを感じます。今後も患者やご家族からの期待に応えるため、自身の知識向上に努めなければいけないと感じることが、私のモチベーション向上にもつながっています。
  • 今後の目標や夢は?
    化学療法を行う患者の多くは、診断時から様々な苦痛を抱えており、それらが複雑に絡み合っています。患者の苦痛を身体的側面のみではなく、精神的、社会的、スピリチュアルな側面から包括的に捉え、そうした様々な苦痛を和らげ、その人らしく生きることを支える緩和ケアについて学び、日本緩和医療薬学会の緩和薬物療法認定薬剤師を目指したいと考えています。
  • 薬剤師を目指す学生へのメッセージ
    薬剤師は幅広い業務が出来る職業だと思います。また、多くの認定や専門資格がありますので、薬剤師になってからも幅広い視野を持って業務を行い、やりたいこと興味のあることを見つけてみて下さい。

ページトップへ戻る

緩和薬物療法認定薬剤師
城西大学 平成20年卒業
城西大学大学院 平成22年修了
国立がん研究センター中央病院
阿部 健太郎
国立がん研究センター中央病院
  1. 普段はどのような仕事をしていますか?
    緩和ケアチームの薬剤師として、チーム回診やカンファレンスに参加し、チーム内では薬物療法の専門家として活動を行っています。具体的な活動としては、患者さんの症状や治療計画を薬学的視点からアセスメント(例:薬剤および用量の有効性、妥当性、副作用など)し立案することや、緩和ケアチームの依頼者である担当医、病棟スタッフやチームメンバーに対して、問題解決につながる薬剤の情報提供(例:制吐剤によるアカシジア、ワルファリンとオキシコドンの相互作用等)を行っています。
  2. 職場の雰囲気は?
    がん患者さんのより良い医療を目指している病院です。そのため、薬剤部内だけではなく、他職種との関係性も良いため、患者さんが抱える医療上の問題点に対して、互いの専門性を発揮し、仕事をすることができます。働きがいのある職場だと思います。
  3. 仕事のやりがいは?
    がん患者さんの多くは体や心のつらさを訴えます。薬学的視点による提案を通して、患者さんの苦痛が緩和され、「ありがとう」と感謝されることがあります。このとき、私の職業は天職だなと実感します。
  4. 今後の目標や夢は?
    がん薬物療法や緩和医療の全ての領域に通ずる薬剤師を目指しています。その他にも、緩和医療に携わる職種の方々の緩和薬物療法に関する知識や技術の向上、ならびにがん医療の均てん化を目標としています。
  5. 薬剤師を目指す学生へのメッセージ
    国立病院機構には、急性期の病院から慢性期・回復期の病院と多くの機能を担う病院があるため、自分の専門や興味が変わっても転向しやすい組織です。日々研鑽を積み、私たちと共に最適ながん医療の提供を目指してみませんか?

ページトップへ戻る

小児薬物療法認定薬剤師
帝京平成大学 平成24年卒業 埼玉病院
油布 朋子
埼玉病院
小児医療はこどもの未来、そして国の未来を支える夢のある医療です。
私は地域周産期母子医療センターを備えた地域医療の中核を担う総合病院で、調剤や病棟での活動に携わり、小児薬物療法認定薬剤師として何ができるかを日々考え工夫しながら業務に取り組んでいます。
小児薬物療法はエビデンスが少なく、適応外使用も珍しくありません。その中で、効果的かつ安全に使用できる薬剤の投与量を調べ、小児に使用した場合の副作用にどのような事が起こりうるかを情報提供しながら医師とともにモニタリングしていきます。
その他には、患児の服薬状況にあわせた剤形変更、点滴ルートが1つしかない中でどのような薬物を投与するかなど、薬学的な知識を生かした回答が求められます。さらに、保護者、患児に対する服薬指導も重要な役割の一つです。保護者は、こどもの薬となると特に不安を抱いており、インターネットで間違った知識を持っていることも少なくないため、適切に情報を修正していく必要があります。患児に対しては年齢に合わせた服薬指導を行うことで、患児自身が積極的に薬物療法に取り組んでいけるようサポートします。
小児領域と聞くと、薬物療法の情報が少なく、用量が細かいなど、何となく難しい領域というイメージをもつかもしれません。調剤では粉砕調剤が多かったり、薬剤管理指導業務では、本人だけでなくキーパーソンとなる人に何度も指導する必要があったりと大変なことも多いです。しかし、患児が退院後通院しながら学校生活を送れているという報告を受けると、この上ない喜びを感じます。未来ある人生の中、一生病気や薬と付き合っていかなくてはいけない患者さんも小児領域にはいます。そのこどもたちに最良の医療を提供することを考えた時に、薬剤師が関わることができる部分は大きいと感じます。
ぜひ一緒にこどもの未来のために働きましょう。 

 

私が緩和ケアに携わる中でやりがいを感じるのは、患者さんの苦痛が緩和されて笑顔が見られたときや、病を患いながらも一日一日を大切に過ごしている患者さんの人生に深く関わることができたときなどです。そういった気持ちを、一緒に悩みながら活動するチームメンバーと共有できるのも緩和ケアの魅力です。★国立病院機構には専門性の高い施設が沢山ありますが、様々な分野のジェネラルな知識の上にこそ専門性が成り立ちますので、これから薬剤師を目指す方には、幅広い視点を持って学んで頂けたらと思います。そして、がん診療に携わるすべての方が緩和ケアに関心を持ち、その中から志ある方が緩和ケアの普及や発展を目指して、一緒に活躍してくれることを願っています。

ページトップへ戻る

NST専門療法士
崇城大学 平成24年卒業 国立がん研究センター東病院
久松 大祐
国立がん研究センター東病院
主な業務は病棟担当薬剤師としての病棟業務実施加算、薬剤管理指導に関わる業務や抗がん剤調製室、ope室に関わる業務を担当しております。
当院のNSTは医師、歯科医師、看護師、管理栄養士、言語聴覚士、薬剤師で構成され、週2回NSTラウンドを実施しています。また、当院薬剤部ではNST担当者は5名おり、一人当たり月に2、3回程度NST回診を担当しております。ラウンド時に栄養状態に問題がある患者様の食事摂取状況や静脈栄養剤の処方内容について適切な栄養管理が行えているかを確認します。その後、それぞれの専門知識を活用し、NSTとして食事メニューの変更や処方内容の変更の提案を実施し、患者様の栄養状態改善に努めます。限られた時間とラウンド回数ですが、NSTの介入により患者様の栄養状態が改善したとの話を聞く時が安堵と共にやりがいを感じますし、改めてチーム医療の重要性を再認識させられます。
また、輸液に関しては苦手意識を持たれる方が多いので、静脈栄養に関する点は特に薬剤師が率先して水分量、エネルギー量、糖質、タンパク質、脂質のバランスを考慮した処方設計支援、処方変更提案をできる場です。また、輸液だけではなく、経腸栄養剤に関しても介入することもあります。NSTとして関わるには各種病態やその治療に用いる薬剤、薬剤間の相互作用の知識も必要となりますので、多岐に渡る知識を身に付ける必要がありますが、患者様の栄養状態の改善に寄与できる点からはとてもやりがいのある仕事であると思います。
がん患者様(特に消化器がん)の多くはがん治療を行う時から栄養状態が不良な場合が多く、患者様、医療従事者が理想とするような状態に改善させることはなかなか難しいこともありますが、「薬剤師としてできることは何か?」を常に考えて今後もチーム医療の一員として携わっていきたいと思います。

ページトップへ戻る

救急認定薬剤師
奥羽大学 平成24年卒業 水戸医療センター
及川 瞬
水戸医療センター
  • 救急認定薬剤師とは
    救急医療は多種多様な重症患者が搬送されてきます。迅速に対応する必要があり、各職種の専門知識を用いたチーム医療による治療を行います。救急認定薬剤師は、敗血症、感染症、脳卒中、心疾患、中毒など多くの疾患の急性期を、薬物療法に関する高度な知識を用いてチーム医療に貢献します。
  • 普段はどのような仕事をしていますか?
    30床という大きな救命救急センターに1日常駐して病棟業務を行っています。主な業務は、①医師とのウォーキングカンファレンスなども含めたディスカッション②患者に使用されている薬剤のチェック③医師への処方支援④点滴の配合変化のチェック⑤フィジカルアセスメントも交えたバイタルチェックなど多くの業務を行っています。また、中毒患者が搬送された場合はERで医師や看護師だけでなく、救急隊とも協力して治療を行います。
  • 仕事のきっかけとやりがいは?
    私が救急領域を始めたきっかけは、20代の心臓病の患者に対して医師が治療に難渋していた時でした。ガイドラインや論文をもとに医師とディスカッションを行い、介入して数分後には状態が改善した症例がありました。
    急性期患者の処方支援は予後を大きく左右することもあります。そのため処方支援を行うときはいつも不安を感じています。しかし処方支援後に患者が改善していく様子を見ると充実感があります。
  • 今後の目標や夢は?
    現在医師主導の臨床研究に参加していますが、今後は薬剤師主導の臨床研究を行いエビデンスの発信をしていきたいと考えています。
  • 薬剤師を目指す学生へのメッセージ
    救急領域の患者の多くは話ができる患者ではありません。そのため私たちはバイタルサインや臨床症状、検査結果などから聴こえないはずの患者の「声」を聴きとって治療を行います。
    皆さんもこの「声」を聴いてチーム医療に貢献してみませんか。

関信地区国立病院薬剤師会 各施設の詳細は、こちらのページからご覧下さい。

ページトップへ戻る