バナー:薬剤師求人情報
バナー:国立病院薬剤師からのメッセージ
バナー:研修会参加報告
バナー:関連学会開催のお知らせ

西埼玉中央病院

西埼玉中央病院
所在地
埼玉県所沢市若狭2丁目1671番地
薬剤部(科)ホームページ
https://nishisaitamachuo.hosp.go.jp/about/cnt0_000021.html
病院概要
 当院は西武池袋線の小手指駅と狭山ヶ丘駅の中間に位置する所沢市郊外の住宅地において、埼玉県西部医療圏の医療を支えています。地域医療支援病院として地域に必要とされる高度な医療に幅広く対応すると同時に、地域に不足している医療の提供に努め、周産期と高齢者医療に力を入れています。地域医療支援病院としての役目のひとつは、地域の救急患者さんをしっかり受け入れること。輪番制で二次救急に対応しており、小児を含め、基本的に断らない受け入れをめざしています。もうひとつは、地域の開業の先生方から紹介された患者さんを的確に診断し、適切な治療を行って紹介元にお返しすることが大切だと考えています。加えて、国立病院機構の病院として、必要でありながら民間の病院では採算の問題などでできない医療を提供しています。例えば、当地域では当院と防衛医科大学校病院で、小児科や耳鼻咽喉科の入院に対応しています。望まれている医療を提供していくのが公的病院の役目であり、今後は小児と高齢者を支える医療はさらに必要とされます。当院では高齢者と小児の医療にもさらに力を入れて取り組んでいきたいと考えています。
薬剤部概要
 薬剤部では、調剤業務に加え抗がん剤の混注調整、入院時の持参薬・服薬履歴チエック、病棟における薬剤管理指導業務、薬学部実務実習指導、チーム医療ではがん化学療法、感染対策、褥瘡、栄養サポート、医療安全管理、疼痛緩和等、薬剤師が専門性を活かして取り組んでいます。
薬学実務実習に関しては、自主的、目的、成長、を実習生に求めています。私たちのコピーではなく、自らの価値観を尊重した薬剤師になっていくことが、大切だと考えております。優秀で意欲的な人たちが自由に働くことが、世の中の多様性に対する懐の深さとなり、患者さんの辛い気持ちに寄り添えるのだと思います。そして、私たちが最も大切にしていることは、患者さんを思いやる実習生が、傍観者にならず、楽しく学べる場を保ち続けていくことです。患者さんを思いやる実習生とは、苦しんでいる患者さんに出会ったら、何の躊躇もなく患者さんに寄り添える人です。患者さんを思いやる薬剤師は、同じ志の仲間を見つけていくため、その人は長期的に良い方向へ向かいます。私たちが患者さんを思いやる薬剤師でなければ、良い医療に貢献することはできません。患者さんを思いやる薬剤師を目指して当院の実務実習に参加して下さい。
研修施設(薬剤師関連)
日本臨床腫瘍薬学会(がん診療病院)
日本臨床栄養代謝学会(NST専門)
薬剤部写真

ページトップへ戻る