バナー:薬剤師求人情報
バナー:国立病院薬剤師からのメッセージ
バナー:研修会参加報告
バナー:関連学会開催のお知らせ

栃木医療センター

栃木医療センター
所在地
栃木県宇都宮市中戸祭1丁目10番37号
薬剤部(科)ホームページ
https://tochigi.hosp.go.jp/bumon/yakuzaika.html
病院概要
 栃木医療センターの正門を入ってすぐの右手に、かつて「宝の木」と呼ばれ、地区名の由来となった樹齢400年ともいわれている珍木があります。栃木医療センターは、明治41年(1908年)に陸軍病院として開設され、この「宝の木」と共に100年以上の歴史ある病院です。診療内容は、がん、糖尿、脳卒中、心筋梗塞などの急性期疾患を中心に、救急、感染、小児医療、口腔外科など幅広い疾患を扱い地域に貢献している病院です。がんについては、県のがん治療中核病院に指定されおり、救急医療については、二次救急指定病院として市内の救急車の約1/4を受け入れ、疾患によっては三次相当の救急患者にも対応しています。その他、地域医療支援病院、在宅療養後方支援病院、災害拠点病院、第二種感染症指定医療機関等に指定されている病院であり、専門的にも地域に貢献している病院です。
 病院の理念は、信頼、協働、貢献です。協働とは、異なる人や組織が、同じ目的のために、一緒に働くという意味があり、地域との信頼関係を築き、協働することにより、病院として貢献したいと考えている病院です。
 病床数350 床(一般344床,感染6床)
 病棟数7病棟
 標榜診療科28 診療科
薬剤部概要
 栃木医療センター薬剤部は、安全で安心出来る薬物療法の提供を旗標に、医療機能及び医療の質の向上、地域医療連携強化、教育・研修の充実に取り組んでいます。調剤、製剤、無菌調製、薬剤管理指導、病棟薬剤業務は元より、手術室における医薬品管理、入院サポートセンターにおける持参薬等の確認、外来化学療法室や薬剤師外来では、薬剤管理指導や副作用モニタリングを行っています。また、各種横断的多職種チームへは、NST、ICT、AST、褥瘡対策、緩和ケア、せん妄・認知症ケア、心肺蘇生推進、二次性骨折予防、医療安全、ポリファーマシー、災害医療等多岐に渡る分野に参画し、医療機能及び医療の質の向上を支えています。
薬剤師が院内でこれ程多岐に渡る分野で専門性を発揮しているので、薬剤師と医師や看護師、他の職員との距離が近く、一人一人の患者と真摯に向き合う姿勢が出来ている病院なので、患者との距離も近い病院です。施設規模と幅広い診療体制、そしてこの距離がある栃木医療センター薬剤部は、薬剤師のジェネラリストを育む良い環境であると考えています。
研修施設(薬剤師関連)
なし
薬剤部写真

ページトップへ戻る