バナー:薬剤師求人情報
バナー:国立病院薬剤師からのメッセージ
バナー:研修会参加報告
バナー:関連学会開催のお知らせ

水戸医療センター

水戸医療センター
所在地
茨城県東茨城郡茨城町桜の郷280番地
薬剤部(科)ホームページ
https://mito.hosp.go.jp/intern/yakuzai.html
病院概要
 当院は、水戸市の中心部より南西約9kmの茨城町に位置し、診療圏は全県下及び隣接県に及んでいます。病床数は500床、標榜診療科は33科、職員数872名で、病院の機能としては、地域支援病院、がん診療連携拠点病院、第3次救命救急センター、茨城県ドクターヘリ基地病院、基幹災害拠点病院の指定を受けています。地域医療への貢献では、がん、急性心筋梗塞、救急医療、災害時医療に力を入れています。がんについては、水戸医療圏における消化器がん、乳がん・頭頚部がんは、各診療科の連携のもと集学的治療を行っています。脳卒中・心臓病については、救命救急センターを軸として、急性心筋梗塞、解離性大動脈瘤、くも膜下出血、脳梗塞、脳出血などの患者を積極的に受け入れています。救急医療については、水戸医療圏を中心とした救命救急センター及び茨城県ドクターヘリ基地病院として重篤患者の受け入れをより円滑に進めるため、地域医療機関及び消防機関等との密接な連携のもと運営しています。災害医療については、原子力災害拠点病院としての役割の他、厚生労働省のDMAT体制の一員として初動医療班や派遣体制を整え、さらに茨城県の期間災害拠点病院の指定を受け、大規模災害時にも診療機能等が維持できる体制を整えて災害発生時の役割を担っています。
薬剤部概要
 薬剤部は、定員24名(治験主任1名含む)、薬剤助手1名の計25名です。平日は2交代制勤務(夜勤は1名)、休日は日直(1名)・宿直(1名)です。主な業務としては、調剤業務、注射調剤業務、無菌調製業務、病棟薬剤業務・薬剤管理指導業務、医薬品情報業務、医薬品管理業務、チーム医療等で、それぞれを分担して行っています。病棟業務・薬剤管理指導業務については、10病棟を3チームに分け、それぞれのチームにリーダーを指名しています。チームリーダーがチーム内の業務調整を行っています。医薬品情報業務は、3名が担当し、院内ネットワークを利用し、PMDAなどからの医薬品情報や院内の採用薬に関する情報、薬剤委員会報告等を配信しています。医薬品管理業務は、4名が担当し、棚卸業務、期限切迫医薬品管理、病棟定数薬管理業務を行っています。チーム医療は、ICT、AST、NST、緩和ケア、褥瘡に参加しており、それぞれカンファレンスやラウンドを行っています。通常は、調剤業務・注射調剤業務に9名、無菌調製業務に4名を割り当て、その他は病棟薬剤業務やチーム医療等に割り当ててシフトを組んで行っています。それぞれ自分に割り当てられた時間の中で効率よく業務に取り組めるよう協力し合って行っています。
研修施設(薬剤師関連)
日本臨床栄養代謝学会(NST専門)
薬剤部写真

ページトップへ戻る